5年前の海外不動産ブームが廃墟コンドミニアムに-マレーシア・ジョホールバル

2011~13年にかけて日本の海外不動産ブームを牽引した都市として、まず思い浮かぶのはマレーシアのジョホールバル。

2011年3月の東日本大震災をきっかけとして、「日本だけに財産を置いておくのはリスキーだ」と考える日本各地の資産家たちが、海外の金融保険商品やプライベートバンキングを競って追い求めた時期があります。香港のHSBC銀行でプレミア口座開設を希望する日本人が殺到したのも同時期のことです。
日本人のおカネを取り込もうとしたマレーシア

東南アジアにおいて、いち早く「日本人資産外出しブーム」の受け皿になった国はマレーシアでした。

アジアの中では人口が少なく(2,700万人)、経済発展やインフラ整備の原資を海外からの直接投資(FDI)に求めるのが同国の伝統。2011年の東日本大震災直後から、マレーシア政府は「MM2Hビザ」、「ロングステイ」、「コンドミニアム(マンション)投資」などの商材を揃え、日本人のおカネを取り込もうとしました。