NY市場 ローゼングレン連銀総裁 不動産バブルの可能性を指摘

ローゼングレン・ボストン連銀総裁の発言が伝わってきている。資産バブルの初期兆候が商業不動産市場に出ている可能性を指摘している。

「10月の声明は12月の利上げ可能性について明確に言及。経済が引き続き緩やかに改善するなら利上げが適切。最近の指標は前向きで、経済は実質的な改善を遂げている。インフレ低迷を考えると金利引き上げは緩やかであるべきだ。資産バブルの初期兆候が商業不動産市場に出ている可能性。