REITは上がっているのに株は下がるのはなぜ?

日経平均株価が年初来6営業日連続下落で始まった2016年、日本株は大幅に下落し、2016年5月10日時点で、年初来の下落率は13%に達しています。一方、値を上げているのが不動産、そして、その不動産を投資対象としているREIT(不動産投資信託)で、J-REIT全体の値動きを表す東証J-REIT指数は、日経平均とは逆に年初来で11%も上昇しています。

 では、なぜ、この2つは逆方向に動いているのでしょうか。