REITvsサラリーマン大家、お得な不動産投資は?

円安は、早くもガソリンなど物価を押し上げ始めた。「給料が上がるまで待てない!」というあなたに贈る、副収入で家計を守る方法。

一口数万円から投資できる

J-REIT(Jリート)市場が2012年後半ぐらいから回復の兆しを見せ始めている。2011年12月末の時価総額は約2.9兆円だったのが、13年3月末時点では7兆2481億円になっている。特に物流施設を投資対象とするJリートの上場が相次ぎ、その割合は、12年10月まで3%未満にすぎなかったが、13年2月末時点で7.5%まで拡大するに至っている(取得価格ベース)。

不動産証券化協会によるパフォーマンス比較を見ても(13年3月末時点)、Jリート予想分配金利回りは3.24%で、国債10年物最長期利回り0.56%、東証一部株式配当利回り1.69%を大きく上回り、好調ぶりがうかがえる。好調の要因として、日銀の金融緩和が期待され投資が活発化したこと、不動産市場がマーケットサイクルの底を打って回復に向かっていること、Jリートの価格にもともと割安感があったことなどが挙げられている。