融資の金利が上がっても大丈夫ですか?

金利が上がれば、その分収益が下がることになりますので、金利上昇はマイナス要因といえます。金融機関は金利が上がることを見越して、厳しめに融資の審査を行っているのが一般的です。
 
物件の収益力がある程度見込めなければ、金融機関からの融資を受けられる確率が低くなりますし、融資の査定が厳しい昨今において、その許可が下りたのであればある程度の価値があると考えられると思います。融資を受ける際には、固定金利の期間を長くするか、繰上げ返済をして、ローン残高を減らしておくなどの予防対策も考えておく必要がありますね。