不動産投資をすることが相続対策になると聞いたのですが、本当ですか?

収益物件の購入は、相続対策となります。相続対策とは、物件の評価を下げながら収益を上げ、納税資金を準備することを言います。
所有する土地に賃貸住宅を建てるというのも同じ効果があります。しかし、土地を活用することによって、相続発生時のための物納用地がなくなり、相続破産の心配が出てくることもあります。しかも、そもそもアパートに向いていない土地かもしれません。また、収益不動産により、建物や土地の評価を下げられます。200m2までなら小規模宅地の評価減によって、土地の評価が、さらに1/2となります。小規模宅地は一箇所しか使えないので、地価の高いところで利用すると効果的です。