価値ある物件の見分け方ってありますか?

『収益性』、『希少性』、『担保力』、『換金性』など、総合的な事情や状況を勘案する必要があります。その地域で他に代わる場所がないようであれば、『希少性』が高く不動産の価値も高い。また入居者が集まる人気のエリアであれば空室のリスクを抑えることができます。
 
また、金融機関からの借り入れを考える際に重要なのが『担保力』です。これは、いつでも売れるかどうかということです。表面的な利回りだけで判断するのではなく、物件の本質的価値にも着目する必要があります。