築年数の浅い中古が良いと聞いたのですが?

実は多くの方が築浅の物件を希望されますが、建築年数の浅い既存(中古)物件が良いとは言えません。希望する方が多い場合、市場原理により需要が多くなり、結果として価格は上がり、利回りが下がりますよね。
 
投資の世界でも、皆と違うことをする。満足のいく利益を生ませるには、ひと工夫が必要となります。
 
例えば、プロはローンの付かないような築30年以上の物件を安く仕入れ、リフォームをして再生させます。これで思いがけない利回りを得ている場合があります。
しかしこれから投資を始める人など、一般的には瑕疵の心配の少ない新築が無難と言えます。融資が受けやすく、かつ品確法により建物の瑕疵に対して10年の保証が付くからです。