原価法

不動産を鑑定する際の評価方法のひとつです。仮に同じ場所で同じ建物を建てた場合の原価(再調達原価)を算出し、経過年数によって下がった価値の分だけ引いて(減価修正)現在の建物の価値を導きます。