地役権

特定の目的を達成するために他人の土地を利用することができる権利。原則として当事者の契約によって生じ、利用することによって利益を受ける自分の土地を要役地、利用する他人の土地を承役地といいます。登記することも可能で、権利の種類は所有権などに従属します。
公道に出るため他人の土地を通行しなければいけないときの通行地役権や、他人の土地を通らないと給排水管などを本管につなげない場合の引水地役権などがあります。