新耐震

1981年6月に宮城県沖地震での経験をふまえて、建築基準法施行令が大改正されました。これが通称「新耐震設計基準」といわれます。建築確認は新耐震設計基準によらねばならなく、これ以降の建物を新耐震ビルと呼ぶ場合もあります。震度6程度の地震が起きても、倒壊を防ぎ、圧死者を出さないことを目標としています。具体的には、コンクリートの柱の中に、補強する鉄筋の間隔を短くして入れるなどして、建物の「骨組み」の崩壊を防ぎ、人命を守る考え方がベースとなっています。