新耐震

1981年6月に宮城県沖地震での経験をふまえて、建築基準法施行令が大改正されました。これが通称「新耐震設計基準」といわれます。建築確認は新耐震設計基準によらねばならなく、これ以降の建物を新耐震ビルと呼ぶ場合もあります。震度6程度の地震が起きても、倒壊を防ぎ、圧死者を出さないことを目標としています。具体的には、コンクリートの柱の中に、補強する鉄筋の間隔を短くして入れるなどして、建物の「骨組み」の崩壊を防ぎ、人命を守る考え方がベースとなっています。
賃貸併用住宅を知りたい方のお手伝いをいたします

賃貸併用住宅をより詳しく知る場をご用意しています。ぜひご利用ください。

賃貸併用個別セミナー
話を聞いてみたい

「賃貸併用住宅」の仕組みや注意点を専門家が惜しみなくお話いたします。ご夫婦での参加も多数。

賃貸併用特別セミナー

物件紹介・ご相談
相談したい・土地を探したい

セミナーよりも詳しく聞きたい方、物件の紹介を受けたい方、具体的に検討したい方等におすすめです。

物件紹介・個別相談

書籍無料プレゼント
読んで学びたい

住宅ローンを使った賃貸併用住宅で堅実に資産を築く仕組みとノウハウを詳しく解説。

書籍無料プレゼント

無料メール会員登録
情報を受け取る

「賃貸併用住宅」のノウハウ、セミナー情報、物件情報など「賃貸併用住宅」のお得な最新情報をお届けします。

弊社の個人情報の取扱いに同意して

賃貸併用住宅に関するお問い合わせ
個人情報非公開

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

プライバシーマーク

インベストオンラインは個人情報保護に取り組む企業を示す「プライバシーマーク」を取得しております。