現状回復義務

マンション等不動産の賃貸借契約が終了する際に、契約前の状態に戻す義務のこと。借主は居住・使用により発生した建物価値の減少のうち、借主の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧する義務を『原状回復義務』といいます。経年による劣化・損耗および通常の使用により発生した損耗・摩耗・増減などは含まれません。