瑕疵担保責任

不動産の売買に際して、対象物件に通常の注意を払っても発見できない瑕疵(通常有すべき品質・性能を有していないこと)が存在した際に売主が負う責任のことで、買主は売主に対して、損害賠償の請求や、場合によっては契約を解除することも可能となります。