直接還元法

不動産を鑑定する際の評価方法「収益還元法」のひとつ。不動産の初年度の純収益を投資額に対する年間の賃料収入の割合(還元利回り)で割って評価します。